NY州の銃乱射男「白人の頭脳は優れている」と公表していたことが判明←自ら反証してしまう
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/05/16(月) 09:56:46.66 ID:uHU+Xbq/9
米ニューヨーク州北部バファローのスーパーで白人の18歳の男が銃を乱射し、黒人ら10人を死亡させた事件で、捜査当局は15日、第1級殺人罪で訴追した男の同州中部コンクリンの自宅を捜索した。AP通信によると、男は人種差別に基づく憎悪犯罪(ヘイトクライム)とされる過去の乱射事件を詳細に調べていた。白人至上主義者への警戒が改めて米社会で高まった。

バイデン大統領は事件を受けて14日夜に発表した声明で、動機の解明を待つ姿勢を示しながらも、「忌まわしい白人至上主義の名の下に行われる、いかなる犯罪も米国の理念に反する」と述べた。

米メディアによると、男が公表したとされる180ページの書面では、名前と生年月日に加え「私は白人至上主義者だ。白人の頭脳はほかの人種より優れている」と書かれていた。有色人種の人口が増えることで、白人を中心としてきた米社会で「人種の置き換え」が進むと唱え、多様性を重視する人たちを敵視していた。

白人至上主義者の間では、白人が他の人種より優れているという従来の偏見に加え、有色人種が増加し「白人が絶滅するかもしれない」との考えに基づく憎悪が広がっているという。
https://www.sankei.com/article/20220516-F4F6AHZ6E5LNXJAXNQED5YBGUE/

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652662606/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク