実の妹との間に4人の子供をもうけた男性、兄妹間の性交を合法化すべきだと主張
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/05/10(火) 03:12:26.27 ID:IU9Vuh+g9
近い親族関係にある者同士による性的行為が禁止されているドイツで、実の妹との間に4人の子供をもうけた男性がいる。

 
44歳のパトリック・ステュービングは、21年前から、妹のスーザン・カロリュースキと夫婦関係を続けており、インセスト(兄弟姉妹間の近親性交)を合法化するために戦っている。

パトリック・ステューピング、23歳で実の妹と出会う

ドイツ・ザクセン州ライプツィヒの貧しい家庭で8人きょうだいの3番目として生まれたパトリック・ステュービング(44歳)は、幼少の頃アルコール依存症の父親に虐待されながら育ち、その後児童養護施設へと預け入れられた。

7歳の時に養子縁組され、別の家族に引き取られたパトリックは、両親が離婚する1984年に生まれていた妹スーザン・カロレフスキー(37歳)と会ったことはなかった。しかし2000年、23歳のパトリックは、生みの親を追跡し、当時16歳の実の妹であるスーザンと初めて対面することとなる。

スーザンは精神に問題を抱えており、教育も不十分で読み書きも少ししかできなかった。2001年に彼らの母親が心臓発作で亡くなり、辛い時を互いに励まし支え合い過ごすうちに、2人の間に兄妹以上の特別な感情が芽生え始めた。

出会って半年後、2人は肉体関係を結んだ。

パトリックとの出会いについて、スーザンはこのように語っている。私たちは子供の頃の互いを知らなかった分、きょうだいという感覚がなく、すぐに恋に落ちました。互いに惹かれ合ったのです。単純に心と本能に従いました。私たちの愛は本物です。

やがて、17歳だったスーザンはパトリックの子供を妊娠し、2001年に長男を出産した。病院の看護師が不審を抱いたことから、パトリックとの関係が明るみになると、2人の関係はドイツでメディアの嵐を巻き起こした。

2002年、パトリックとスーザンはインセスト(兄弟姉妹間の近親性交)の罪で裁判にかけられ、パトリックには1年の禁固刑が科せられた。

 
妹との関係について、パトリックはこのように主張した。
妹はとても繊細です。私が家族の長となり、妹を守らなければならないと思いました。困難な時期を互いに支え合ううちに、私たちには物理的な関係が生まれました。

母が生きていれば、この関係を承認しないでしょうが、私たちは別に悪いことをしているわけではありません。2人の間に起こったことに罪悪感はありません。近親性交を犯罪にする法律を廃止してほしい。

結局、パトリックはスーザンとの関係を続け、更に子供をもうけたため、懲役10か月を科せられた後、2005年には再犯として2年半の禁固刑を宣告された。https://karapaia.com/archives/52312406.html

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652119946/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク