【海外】危篤の妹に会うため欠勤した社員に上司「私の仕事はポジティブな環境を作り上げることです、出勤スタッフに負担がかかります」 ←TikTokに晒されてしまう
オススメ記事

イチオシ記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/01/02(日) 17:49:37.57 ID:Md56IPFw9
あるTikTokユーザーの女性が、昏睡状態に陥った妹に会うために、欠勤を申し出た際の上司の対応を公開し、物議を醸している。

ヒラリー・ジンクスは、映画業界のメイクアップ・アーティストとして活躍する傍ら、レストランのウェイトレスとしても働いている。

ある時、映画の撮影の最中に「妹が危篤で脳死状態にあり、いつ亡くなってもおかしくない」と電話を受け取った。これを知った撮影現場のスタッフは、現場を離れ、すぐに家族のもとへ向かうように伝えたそうだ。

妹の入院する病院に向かう道中に、レストランにも欠勤の連絡を入れた。ジンクスは、テキストメッセージで事情を説明。その上で「今週末は出勤ができなくなりました。いつ仕事に復帰できるか後ほど伝えます」とメッセージを残した。

すると上司から「状況は理解しました」というメッセージとともに「なぜシフトの2時間前に連絡してくるのですか?」と返事が来た。さらに「私の仕事はポジティブな労働環境を作り上げることです。今日は仕方ないですが、出勤予定のスタッフに負担がかかります」という内容だった。

妹が瀕死状態に陥ることなど予測できるわけがない。論点のずれた無神経な返事に激昂したジンクスは「妹は生命維持装置に繋がれていて、いつ息を引き取ってもおかしくない。妹がひとりで寂しく亡くなる前に8時間かけて会いに行きます」とメッセージを送り、辞職を申し出た。
https://courrier.jp/news/archives/273562/

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1641113377/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク