三幸製菓が初の記者会見、火元は乾燥機の可能性、遺族「納得できない部分ある」
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/06/01(水) 07:56:49.96 ID:dDk19Cxz9
新潟県村上市の米菓製造大手「三幸製菓」荒川工場で今年2月に6人が死亡した火災で、会社側は5月31日、火災の発生後初の記者会見を新潟市の本社で開いた。
佐藤元保代表取締役最高経営責任者(CEO)は亡くなった従業員6人と遺族に陳謝し、原因の究明や再発防止に努める考えを示した。
 
火災は2月11日深夜に発生。煎餅などを製造する工場内の「F棟」が全焼し、アルバイト従業員4人と社員2人が死亡した。
記者会見は午後4時から約3時間にわたった。佐藤氏は冒頭で「心よりおわび申し上げます。誠に申し訳ございませんでした」と述べ、約10秒間頭を下げた。
その上で、第三者を含む社内の調査委員会による「1次報告」として24ページの資料を示して経緯などを説明。調査中と前置きし、F棟にあった乾燥機が火元となった可能性を指摘した。

亡くなった6人は、黒煙が充満して停電も発生する中、出口を見つけられなかったとの見方を示した。また、夜間の清掃を担当するアルバイト従業員4人は避難訓練に参加していなかったことを明かした。
質疑応答で「安全より生産性を重視する社風だったのでは」との質問があったのに対し、佐藤氏は「私が社長に就任した数年前から生産、利益重視から考えを改めようと取り組んできた」と反論した。
会社側は火災の発生後、従業員や遺族への説明会を実施。遺族と報道機関はそれぞれ記者会見の開催を求めていた。火災から約3カ月半後の開催となったことについて、佐藤氏は「遺族への対応を優先した。事故調査委員会から報告を受け一定の説明ができると判断した」と説明した。また、自身を4月から6カ月間、報酬50%カットの減給処分とする一方で、トップにとどまる考えを示した。
遺族「納得できない部分ある」
一部の遺族はこの日、別室で記者会見の中継を見守った。死亡したアルバイト従業員の一人、近ハチヱさん(当時73歳)の長男裕之さん(48)は「会見を母は喜んでいると思う」と述べた上で「まだ納得できない部分がある。二度とこのような大事故を起こしてほしくない」と語った。
県警は業務上過失致死容疑で本社を家宅捜索するなどし、捜査を進めている。

https://mainichi.jp/articles/20220531/k00/00m/040/294000c

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1654037809/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク