オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/04/22(金) 08:00:42.39 ID:VmoedtsQd
2020年7月の東京都知事選挙で、テクノカットの男性の顔の横に「コロナは風邪」と書かれていた選挙ポスターを覚えているだろうか。


その候補者の名前は国民主権党党首の平塚正幸氏(40)。渋谷で毎週のように「クラスターフェス」なる抗議活動を行っていた、反ワクチン・反マスク活動における有名人の一人だ。

都知事選では得票率0.15パーセントと振るわなかったものの、平塚は今でもYouTubeなどを中心に反ワクチン・反マスク活動を続けている。2020年12月23日には日本医師会館の敷地内で抗議活動をおこない、警察の退去要請に従わなかったとして現行犯逮捕された。また、昨年12月26日には自宅に家宅捜索が入り、自身のツイキャスで「皆さん信じてください。私は何も悪いことはしていません。必ず全ての真実をお話します」と発言していた。

ところが、ある国会関係者は、昨年末の家宅捜索について驚くべき理由を明かす。

「平塚氏は、昨年ガサ入れされた数日前に子どもが産まれたことを自身のSNSで報告しているのですが、じつはその平塚氏の赤ちゃんを出産したのは、当時中学生の女性なんです。どうやら平塚氏は、児童福祉法違反や青少年健全育成条例違反に問われているとみられています」

にわかには信じがたい話だが、前出の関係者は二人の出会いについてこう話す。

「2020年9月、国民主権党は葛飾区堀切水辺公園で花火大会を開きました。その大会には支持者ら約40人が参加し、中学生や幼児らも来ていました。そのなかに、とある元地方議員のA氏の妻が中学生の娘を連れてきていたんです。A氏の妻は熱心な国民主権党の支持者で、いろいろな活動に参加していた。平塚氏はそこで中学生と知り合ったと聞いています」

平塚と中学生はほどなく交際を始めたとみられ、数カ月後には妊娠が発覚することになった。

「元地方議員であるA氏は、当然のことながら、平塚氏に激怒したようです」(同前)

はたしてA氏は平塚に対してどう思っているのか。取材を申し込むと、A氏に代わって代理人弁護士が対応。平塚がA氏の娘を妊娠・出産させたことについては認めたうえで、「現在訴訟なども含めて法的手段を検討しているところで、現時点で詳しくお話することはできません」とだけ回答した。

平塚自身は、この行為についてどう考えているのか。4月下旬、国民主権党の事務所に電話をかけると、平塚本人が応じた。

--A氏をご存知ですか?

「相手側の弁護士を通じて話が来ているので、こちら側からは何もお話しできません。警察の捜査には協力しますが、週刊誌の取材には応じられません。A氏の周辺が、私に対してあることないことを言ってきているので、私も弁護士を立てて応じようと思っています」

--A氏のお子さんを妊娠・出産させたと伺っているのですが。

「父親が誰なのかわからないので…まだ赤ちゃんにも会わせてもらっていませんし…」

--女性が18歳になったら結婚するなど、なんらかの責任をとられるおつもりは?

「今は何も言えないのですが、やましいことはありませんよ」

SNSで出産を報告しておきながら父親が誰なのかわからないとは、かなり苦しい言い草だが、いずれにしても、マスクを外すだけではなく羽目まで外しすぎてしまった代償は大きなものになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/987e173580a0a8d56479010492e72baf35523ab2

引用元: https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1650582042/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク