「4杯飲んだ」電動キックボード、さっそく飲酒運転続出
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/04/21(木) 14:19:19.05 ID:YUg+t4/39
法律の改正によって規制が緩和される「電動キックボード」の迷惑走行が、後を絶ちません。番組の取材で、若者らによる飲酒運転が続出している実態が明らかになりました。


最近、街中で見掛ける機会が増えた、電動キックボード。19日には、改正道路交通法が成立し、2年以内をめどに、運転に必要な免許が16歳以上であれば、不要になります。特区に指定され、条件を満たした電動キックボードの場合は、ヘルメットを着用せずに運転ができる東京・渋谷区。シェアリングサービスも行われていて、利用者が急増しています。

しかし、車道の走行が義務付けられているにもかかわらず、これを無視。さらに、信号を守らないなど、交通ルールに反した運転が続出しています。そうしたなか、春の陽気の到来と共に、新たな問題が起こっています。

飲食店の通常営業が行われているにもかかわらず、過ごしやすい気温となったためか、街では路上飲みをする人が急増。その上、電動キックボードを利用し、「飲酒運転」する人が後を絶たないというのです。

実際、電動キックボードのレンタルスペースを見てみると、複数のアルコールの空き缶があります。番組は、飲酒が疑われる状態で、電動キックボードを利用しようとした男性を直撃しました。

利用者の男性:「これさ、もう返すから、タクシーで行かない?飲酒運転について、取材してるらしい」

男性に取材を申し込んだところ、キックボードを元の場所に戻しました。しかし、隣にある自転車に乗ろうとしています。自転車に乗りながら、スーツケースを引いて行ってしまいました。

その後も、飲酒運転での利用者が次々と確認されました。

飲酒運転の男性:「(Q.飲酒運転はご存じですか?)実際は飲んでますけど、4杯くらいです。飲んでることを忘れてました。飲酒運転って、感覚がなかったです」「(Q.お酒飲んでる?)紙コップで買ってきたお酒。レモンサワーのもととかで、炭酸水で飲んだりしてたので。全然杯数は、そんなにいってない。これだけ、ろれつが回るくらい」「(Q.どのくらい飲んでる?)何杯かとか分からないです。正直言うと」

飲酒運転を指摘されると、酒を飲んで終電を逃した後に、帰宅するための手段として、電動キックボードを利用しているといいます。

飲酒運転の男性:「(Q.飲酒運転では?)自転車と変わらないじゃないですか。ぶっちゃけ、終電後の足としてあるけど、そこまで悪いことではないんじゃないかなと思っていて」「タクシーだと3000円、4000円くらいかかるので。全然安いですね」

番組は、飲酒運転をしようとする男性に利用を控えるよう求めますが、男性の意志は変わりません。男性は飲酒運転のまま、乗って行ってしまいました。傘も持ちながら、酒もかなり飲んだと本人は話していました。

男性に再度、説得を試みます。交差点は赤信号でしたが、男性はキックボードから降りて、歩道を渡っています。その後、男性は視界から見えなくなりました。

飲酒運転が横行している実態を、電動キックボードのレンタル事業者はどう思っているのでしょうか?

Luup・岡井大輝社長:「飲酒運転の確認が取れた方々は、一発でアカウントの停止措置をさせて頂いている」「(Q.違反者に対する措置は、最大限行っている?)事実確認がされていない状態における、アカウントの利用停止などは、民間事業者ができる範疇(はんちゅう)を超えているのかなと考えておりまして。これ以上の対策を正直、一事業者としても難しいというのが、現時点での弊社の課題」

https://news.yahoo.co.jp/articles/8019aae005eda19bdd1cc8408f3ad1f7cb661194

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650518359/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク