木下ほうかに新たな告発「抵抗する私を無理やり」非道なやり口で刑事告訴されていた事が判明
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/04/11(月) 21:45:10.32 ID:CAP_USER9
木下ほうかに新たな告発!「抵抗する私を無理やり…」被害女性が明かす非道なやり口、強姦で刑事告訴されていた

「3月23日、『文春オンライン』で複数の若手女優に性行為を強要していた過去が報じられました。木下さんは報道について《概ね間違っておりません》としながらも“記憶にない”という表現を連発。芸能活動は無期限休止するとしていますが、ネット上では批判が殺到しています」(スポーツ紙記者)

映画監督の榊英雄による“性加害”が報じられ、続けざまに明るみになった木下の蛮行。しかし、映画界に蔓延(はびこ)る闇はそれだけではなく、『週刊女性』4月19日号では世界的な映画監督の園子温による卑劣な行為を報じている。

そんな悪しき風習が次々と白日の下に晒(さら)される中、『週刊女性』編集部に、ある女性からの新たな告発が届いた。

被害を訴えるのは、当時20代前半で芸能活動を行っていた女性・Sさん。現在も被害の記憶に苦しむ彼女は、『週刊女性』編集部が直接の取材を申し込むと、女性記者と自身の夫を同伴する形でなら、という条件付きで取材に応じ、小さく震えながらその口を開いた。

「木下と知り合ったのは、'13年のこと。彼が出演する作品での共演がきっかけでした。スタッフさんも交えて何度か食事に行ったんですが、木下は明らかに私を異性として見ているような態度をとってきて……。以降も食事に誘われたんですが、断るようにしていました」

「ツイッターのDMで《オヒサ!》《飲むかぁ~久々に》と連絡が来ました。2人で会うことは避けていたんですが、私はそのころタレントとしての方向性や将来に悩んでいて……。誘いを断るなど、失礼な態度をとってしまっていたという思いもあり、3か月後の10月14日、相談に乗ってもらおうと今度は私から連絡しました」(Sさん、以下同)

木下からはすぐに返信があり、翌15日の夜、食事を共にすることとなった。

「食事の際、芸能活動について相談したら“事務所を紹介してあげる”“俺がキャスティングして売れた子もいる”と。そのときは、相談してよかったと思っていました」

数々の作品に出演する木下を信頼したSさん。この時点では“優しい先輩”だった。

「午後11時ごろ、食事を終えて私が帰ろうとすると“飲み足りないからもう1軒、居酒屋かバーに行こう。帰りの足は気にしなくていいから”と。相談に乗ってくれていたし“タクシーで送ってくれるなら”と思い、もう1杯だけ付き合うことにしたんです」

タクシーに乗り込んだ2人だったが、ここから木下の様子がおかしくなった。

「運転手さんに“〇〇へ”と地名を告げたので、行きつけの店があるのかなと思ったんです。ところが、木下はコンビニの前でタクシーを停めて……。私が不思議そうにしていると“近くに稽古場があるから、そこで飲みなおそう”と。戸惑っていると、“稽古場を紹介したい”“稽古場もバーも変わらない”と言ってきて……。最初から、お店に行かないことは決まっていたような振る舞いでした」

※全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6d4faf15601864f42396c294a4138a9f2868a11

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1649681110/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク