信組の職員さん、顧客になりすまし自社の消費者ローン2億6000万を不正に借り入れ豪遊した結果、激ヤバな事態になってしまう
オススメ記事

イチオシ記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/01/07(金) 23:44:29.03 ID:dz39/Mxh9
香川県信用組合(高松市)は7日、本店営業部の元副長の男性(39)が顧客になりすまし、同信組の消費者ローンから計約2億6200万円を不正に借り入れて詐取していたと発表した。

同信組によると、男性は2011年8月~21年12月、県内の計5店舗の顧客31人から預かった免許証のコピーなどを悪用して預金口座を開設。消費者ローン計約2億6200万円を不正に借り入れてだまし取った。うち約8500万円についてはパチンコや飲食費などに使い、残りは不正借り入れの返済に充てていた。

別の職員が21年11月、口座資金の不審な動きに気付いて発覚した。男性は12月7日の聞き取り調査で事実関係を認めたが、翌日に亡くなった。同信組は刑事告訴はせず、借入金を全額弁済した。今後、遺族に返還を求める。

同信組の川畑貢理事長は7日の記者会見で「口座開設やローンの業務を1人で担っていたので不正に気付けなかった。多大な心配と迷惑をかけた」と謝罪した。今後、第三者委員会を設置して再発防止に取り組む。

https://mainichi.jp/articles/20220107/k00/00m/040/162000c

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1641566669/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク