【スクエニ】FF6公式フィギュアが約150万円でファン騒然、FF生みの親・坂口博信氏「これは、ないな」
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/04/24(日) 18:35:51.26 ID:CAP_USER9
スクウェア・エニックスが、2023年7月28日にフィギュア「SQEX MASTERLINE FFVI」を発売すると発表しました。

非常に高クオリティーなフィギュアですが、価格の148万5000円でファンがざわついています。そしてファンどころか、坂口博信さんまで。

SQEX MASTERLINE FFVIは、天野喜孝さんによる「ファイナルファンタジー6」(FF6)パッケージイラストのティナと魔導アーマーとモグを立体化したもの。

「MASTERLINE」シリーズは2022年1月に「NieR:Automata」のキャラクターたちを立体化した第1弾を発売しており第1弾のNieR:Automataの時点で約35万円とかなり高価でしたが、今回の約150万円にはさすがに「桁1個多くない?」「さすがに手が出せない」といった声が寄せられています。

そしてさらに、ファイナルファンタジーシリーズ生みの親である坂口博信さんまで「これは、ないな。FANTASIANのジオラマ制作費用からしてもw ちょっとヤバいのでは? だいじょうぶスクエニ?」とツイートしています。

SQEX MASTERLINE FFVIは、全世界600個限定生産。そのうち日本は150個で、生産数に達し次第予約終了となります。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2204/24/news035.html

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1650792951/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク