オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/04/15(金) 11:38:23.32 ID:CAP_USER9
4月7日、名作RPGのリマスター版となる『クロノ・クロス:ラジカル・ドリーマーズ エディション』が発売された。しかし、その内容が激しい賛否両論を招いており、声優・中村悠一が不満を吐露したことも話題を呼んでいる。


「クロノ・クロス」は1999年の11月に発売された初代「プレイステーション」向けのロールプレイングゲーム。名作『クロノ・トリガー』の続編的な位置づけで、壮大なシナリオに多様なキャラクター、光田康典氏のBGMなどによって人気を博した。

今回発売されたのはそのリマスター版で、「3DモデルのHD化」や「キャラクターイラストのリファイン」、「BGM音質向上」といった変更が加えられている。当時を知るファンからすれば感動もののはずだが、そうした期待とは裏腹に、発売後の評価は散々な結果になってしまっている。

画面を表示するフレームレートに難があると指摘されている他、クラッシュやフリーズといった不具合も多いとのこと。Steam版の評価は好評が50%しかない『賛意両論』状態で、大荒れの様相を呈している。レビューには《フリーズやクラッシュも頻発します》《なんでこんなにカクカクなの?》《これは超手抜きリマスター版です》《30分で3回クラッシュしました》といったコメントが溢れかえっていた。

「クロノ・クロス」リマスター版の発売を受け、人気声優・中村悠一が4月8日に自身のYouTubeチャンネルで同作の実況プレイを行った。

大のゲーム好きとして知られる中村だけあって、ウキウキとした様子でプレイを始めたが、その途中で突如セーブして中断。視聴者は《どうしたの?》《やめちゃうんですか?》《やめるの?》と疑問コメントを投げかけたが、中村は長い沈黙の後に「フレームレートくらい変わったほうがいいかな…」と告げた。

重い場面だとなおさらカクカクになり、テキストの表示が遅れているとのこと。「酔ってしまう」ことも指摘しつつ、結局そのまま『FF6』の実況プレイに切り替えてしまった。本人は淡々とした口調で話していたが、さまざまな邪推を招いてしまったようだ。

最近ではバグまみれの『チョコボGP』で炎上していた「スクウェア・エニックス」だが、立て続けにゲーマーの不興を買っている状況。信頼が地に落ちてしまう前に挽回してほしい。

https://myjitsu.jp/enta/archives/102929

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1649990303/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク