いしだ壱成「自分には11人の人格がある」と告白
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/06/07(火) 10:36:28.37 ID:CAP_USER9
いしだ壱成「自分には11人の人格がある」次々と現れる“ツインソウル”と新恋人の存在インタビュー中、何度かタバコ休憩を挟むいしだ壱成。値上がりしても禁煙の予定はないという「現在、解離性障害に加えて多重人格と診断されていて、自分の中に11人の人格があるんですよ」


タバコをふかしながら、いしだ壱成は寂しげにこう呟く。
昨年末、移住先の石川県で3度目の離婚後、知人のツテを頼り群馬県内のホテルに身を寄せるも、そこでもギャラを巡ってトラブルが勃発。元マネージャーたちとの険悪な関係に耐えられなくなり、今年3月下旬に逃げるように東京へ戻ってきた。
彼女と僕は“ツインソウル”

「石川県では、クラウドファンディングのトラブルの損害を賠償したり、他人に100万円を持ち逃げされたりと散々でした。作家さんや美容師さんといった方々に借金もしていましたね」(壱成、以下同)

'95年のドラマ『未成年』(TBS系)で共演したあの俳優からも、お金を借りている。

「4~5年前、河相我聞くんに20万円貸してと頼んだら“いいよ、いいよ”って貸してくれて。これもまだ返せていないので、次に会うときまでに用意しないと……。現在、借金の総額は270万円ほどだと思います」

負債を抱えながら始まった東京での生活。どのように今日まで生き抜いたのか。
「群馬県から友人の車で六本木に降り立ったときの所持金は、わずか7000円。まず、今後のことを相談しようと父(石田純一)に電話しましたが“引っ越しや離婚危機で助けられる状況じゃない。1000円だって厳しいんだ”と言われ、次に母親に電話したら“ヤダ”とガチャ切り。早々に家族に助けてもらえる可能性はなくなりました」

八方ふさがりで野宿も覚悟した壱成だが、頼れる人を思い出す。
「中部地方に住む独身女性のAさんです。彼女と僕は“ツインソウル”なんですよ」
 聞き慣れない言葉で、彼女との関係を説明する。

「“ツインソウル”は魂の片割れのこと。前世に1つだった魂が枝分かれし、心が共鳴した間柄を指します。片方の感情や心情の変化もリンクするんです。元妻もツインソウルだったんですよ」

Aさんと知り合ったのは、石川県にいた昨年のこと。
東京のツインソウルは「主婦」「SNSを通して連絡があり、“私とあなたはツインソウルです。ぜひ会いましょう”と言われて。その後、石川県に足を運んでくれて何度かお会いしました。当時から資金援助してもらっていたんです」

東京での窮状をAさんに相談したところ、すぐさま中部地方にある自宅に招かれ、4月の初めから居候生活がスタートした。

「Aさんとは“魂の恋人”というプラトニックな関係でした。いずれは婿養子にでもなろうかな、と考えたりもしていました」

穏やかな時間を過ごしていたが、4月下旬に壱成は打ち合わせのために東京へ。

「数日で戻る予定でしたが、打ち合わせや撮影が立て続けに入って。ホテル代はAさんに出してもらっていました。しばらく帰れないことを伝えたら“私はあなたが頑張ってくれることがうれしいから、東京で別のツインソウルを見つけてほしい。また会いに行くから無理しないで”と言ってくださり、居候をいったん解消しました」https://news.yahoo.co.jp/articles/ea5cc33550885b6b30e9213f6e9030e64193407a

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1654565788/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク