【整形】山咲千里(59)「益若のようなドール顔になりたい」過去の面影がなく誰だかわからないと話題に・・・
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/01/25(火) 19:41:12.05 ID:CAP_USER9

美へのこだわりは芸能界随一、自らビューティーアドバイザーを名乗る山咲は常に時代の美の変化に応じて変わり続けた。朝ドラヒロインのイメージを捨て、初めてSM風ボンデージに挑戦したのが30歳のころ。そのイメチェンに世間は驚嘆、写真集は63万部のヒットを記録した。《コスプレって楽しそうだなって思って。ただ単に着てみたかっただけ》と山咲は当時を振り返っている。

ドール顔になりたい

感性のままに突っ走った山咲は40代後半にして、当時のカリスマギャルモデル・益若つばさ(現在はタレントとして活動)に傾倒。23歳年下の益若をリスペクトし、《(益若のような)ドール顔になりたい》と告白した。自身のインスタグラムでは、人形のようなメイクを施し、加工した自撮りを多数アップ。2020年にテレビに久しぶりに登場した際には蝋人形のような顔……以前の山咲とはまったく異なる風貌に、ネット上では整形疑惑も渦巻いた。還暦を迎える山咲は今どこに向かおうとしているのか?

「離婚したあたりから迷走状態が始まった気がします」

と語るのは、別の芸能関係者だ。2000年、知り合ったデザイナーの男性と事実婚状態にあることを公表。《会った日に私のほうから結婚してほしいって》と語り、のちに正式に結婚した。

「彼女は当時『世界・ふしぎ発見!』などのレギュラー番組が5本ありましたが、結婚生活を優先するため芸能活動を休止しました」(前出・芸能プロ関係者)

だが12年後、48歳で離婚。その原因については後に自身のブログで《本当にごはんの片づけがものすごく嫌で、3日目くらいに私は結婚向いてないなって思った》と明かした。離婚後は山咲千里からsenriへと改名。小説家、クラブDJなどに活動の幅を広げた。銀座のクラブでのホステス業を経て、その後は

「個人相手のボンデージ撮影会を月イチでやっていました。1回定員10名、1時間5万円でした」(SMライター)

現在はSNSの更新も途絶えている。近況を知るべく、業務提携する事務所に取材を申し込んだが、

「体調がすぐれないらしく、今回は見送らせてほしい」

との回答。常に時代の美を革新してきた山咲。還暦を迎える今年、その尖った美意識で世の常識をアップデートしてほしいものだ。

https://www.jprime.jp/articles/-/22961?display=b

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1643107272/

新着記事
ネットで話題の記事
スポンサーリンク
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク