オススメ記事

イチオシ記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2022/01/02(日) 07:49:45.02 ID:CAP_USER9
大晦日の総合格闘技イベント「RIZIN.33」での炎上系Youtuberでプロレスラーのシバター(36、フリー)と元K-1王者の久保優太の対戦に”八百長疑惑”が持ち上がり、ネット上で波紋を広げている。

第6試合に行われたシバター対久保の90kg契約のRIZIN MMA特別ルール(判定無し、KO、1本のみで決着)3分2ラウンドによる試合は、シバターがプロレス流のパフォーマンスで会場を沸かせて久保のキック攻撃に耐え、1ラウンド2分16秒に飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを決めて1本勝ちし、今大会のハイライトのひとつとなった。

だが、一夜明けて、久保がツイッターで「嘘をつく人生は嫌だな。 正直者が馬鹿を見るのか。騙されるより騙される方がいいのか。自分は真面目に誠実に紳士に生きたい。 色々疲れた。 事の経緯とかも全部きちんと話したい」と意味深ツイート。妻のサラさんも「辞めるとかそんな話じゃなくダサい事を考えている」「これ以上は話したい事もあるけど、誰かが傷付く事になるので話さない。ダンマリ」などとツイートして、この試合の裏に何かがあったのか、との憶測が広がった。

そして、その渦中に妻のサラさんの親族が、シバターと久保の事前の打ち合わせと思われるLINEのスクリーンショットをツイッターで暴露。瞬く間に拡散して、ネット上で大騒動となった。すでに、その問題のツイッターは消され、本当に本人同士のLINEのやりとりだったかどうかの真偽も定かではない。

ネットで騒ぎとなった“八百長疑惑“にシバターは1日、自らの公式Youtubeで「八百長疑惑について」というタイトルをつけた動画をアップした。

ここまでの“八百長疑惑騒動“の経緯を説明した上で「当人ですので、ハッキリ言います。私、シバターは、昨日の久保さんとの試合において一切の八百長はしておりません。試合が始まってから試合が終わるまで、常に全力で本気で勝ちにいっていました。ふざけたムーブはありましたが、それらも全部含めて勝つために本気で動いておりまして、仕掛けておりました」と“八百長疑惑“を完全否定した。

さらにツイッターで流出したスクリーンショットについても「まったく身に覚えはありません。あれ捏造なんじゃないですか。誰がなんのために画像を作ったかわからない」と、本物ではなく捏造であると訴えた。

だが、この主張に違和感が残ったのは、「もし仮に万が一、あれが本物だったとしたら」として、こんな持論を続けたことだ。 「シバターからそういう打診が久保さんに送られていたとしたら、久保さんって、元K-1チャンピオンなんでしょう?プロ格闘家でしょう?絶対のんじゃだめでしょう。のんだふりをしても、1ラウンドでマジに仕留めにいかなきゃダメでしょう。

もし1ラウンドを流すつもりだったとしても、もしシバターが本気で仕掛けてきたら対処しなきゃダメでしょう。プロなんだから」“半八百長“を仕掛けたことと「八百長破り」を正当化するような発言と取れないこともなかったが、「やっていないし、やらせなんか持ちかけていない。もし(やらせが)あったとしても勝たなきゃダメ。勝ったやつが正しい、この世界」と意味深な言葉で、八百長疑惑否定動画をまとめていた。

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641077385/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク