【海外】大型犬による悲劇、飼い犬に襲われた4歳息子を守った母親、両腕を噛みちぎられ亡くなる
オススメ記事

イチオシ記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2021/12/24(金) 15:17:42.50 ID:AoxZ9blL9
またピットブルによる悲劇が起きてしまった。米ウィスコンシン州で飼い犬のピットブルが4歳男児を襲い、
助けようとした母親が致命傷を負い亡くなった。『Daily Herald Media』などが伝えた。

米ウィスコンシン州ショーノー郡ボウラーで今月8日、2児の母ヘザー・ピンゲルさん(Heather Pingel、35)が自宅で飼い犬のピットブルに襲われた4歳の息子ダミアン君(Damian)を救おうとして両腕を噛みちぎられ、16日に病院で息を引き取った。

ヘザーさんの姉妹シャノンさん(Shannon)によると、事故当時ダミアン君の姉は学校で、ダミアン君の父シェーン・ベルナルデさん(Shane Bernarde)は兄弟の家にいて留守だった。シェーンさんが午後になって帰宅すると、ヘザーさんがバスルームで倒れてぐったりしており「両腕を失ってしまった。このままでは死んでしまう」と話したという。

ヘザーさんがどのくらいの間倒れていたのかは分かっていないが、シェーンさんは「帰宅時にバスルームのドアは閉まっていた」と明かし、当時の様子をこのように語った。「ヘザーは『ダミアンが階段から落ちた。でもどこにいるのかは分からない』と言ってね。それで息子を探しに行って戻ると、ピットブルがまたヘザーを襲っていたんだ。」

慌てたシェーンさんは狂暴化したピットブルを庭に引きずり出して射殺、自身も襲われて軽傷を負った。
警察が到着したのは午後3時少し前で、ヘザーさんはすでに話をすることも、上手く呼吸をすることもできなくなっていた。

ダミアン君は当時、ダイニングルームの椅子に脚から血を流して座っていたそうで、搬送先の病院で脚を70針縫ったものの、すでに退院している。一方のヘザーさんは両腕を切断せざるを得ず、肺の損傷と腎不全により事故から8日後に亡くなった。

ショーノー郡保安官事務所によると、ピットブルはオスで6年以上前にも人を攻撃したことがあったが、
ヘザーさんは「シェルターに連れて行くと殺されてしまうから」とそのまま飼い続けたという。

ヘザーさんが亡くなってしまい事故の真相は分からないままだが、シャノンさんはこう推測している。「あのピットブルは大きな音に対して非常に神経質だったの。考えられるのは、ダミアンが階段から落ちて泣いたのではということ。また転落した際に、犬を蹴り上げてしまった可能性もあるわ。それでピットブルがダミアンの脚に噛みつき、それを見たヘザーが息子を救うためにできる限りのことをしたのではないかしら。」

なおシャノンさんはヘザーさんのことを、自らの命を犠牲にして息子を助けた“ヒーロー”と呼び、9日に一家のためにクラウドファンディングサイト『GoFundMe』でアカウントを立ち上げた。シェーンさんは失業したばかりでだそうで、日本時間24日の時点で目標額5万ドル(約570万円)に対し4万7千ドル以上の寄付が寄せられている。

ちなみにこのニュースには「これは悲劇」「何とも言いようがない」といったコメントのほか、「またピットブルかという気持ち。ピットブルは飼育禁止にすべき」「6年前に手放すべきだった。彼女は自分で自分の首を絞めたんだよ」「子供のいる家庭でピットブルを飼うのは考えたほうがいい。彼女はヒーローではないよ」「どんなに訓練してもダメなものはダメだと思う」「両腕を噛みちぎられるって相当な力だよね」「襲われたら抵抗できないような犬は飼うべきではない」といった厳しい声があがっている。

https://news.livedoor.com/article/detail/21406315/

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1640326662/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク