【傷痕残り提訴】すき家で女性店員が大やけど、他の従業員は営業継続→自ら救急車へ連絡
オススメ記事
イチオシ記事
話題の記事
話題の記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2021/12/20(月) 17:17:14.01 ID:CD8doRDE9

牛丼チェーン大手「すき家」の店舗でアルバイト勤務中に転倒し、高温のみそ汁をかぶって大やけどをした東京都内の女性(23)が、店内の安全確保が不十分だったとして、同社に1000万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴したことが分かった。女性はやけどの後に自ら救急車を呼び、病院に搬送されたという。

訴状などによると、女性は2018年7月、東京都品川区のすき家店舗で接客や配膳の担当中に転倒。スープジャーが置かれた台に接触し、中に入っていた大量のみそ汁が体に掛かった。他の従業員は、やけどに苦しむ女性を客席につながる通路からキッチンのシンク前まで連れて行ったが、すぐに救急車を呼ばず、接客や調理などを継続。女性は自ら呼んだ救急車で病院に搬送された。

女性側は、店内の床がこぼれた麦茶でぬれていたため、滑って転倒したと主張。従業員は配膳を急ぐなど多忙で、麦茶が拭き取られないまま放置されたのが事故の一因だとしている。また、スープジャーが台に固定されていなかったため、事故を防げなかったと訴えている。

すき家側は答弁書で、事故当時、床はぬれていなかったと反論。女性が履いていた靴が滑りやすかったため転倒した可能性が非常に高いとして過失を否定し、他の従業員も本部の上司からの連絡を待っていた状態で放置はしていないと主張した。取材に対し同社は「コメントを控える」としている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021121900199

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1639988234/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事