【ふるさと納税】基準を超える返礼品が発覚→ 町「ルールを守って量を3分の1にします 」→ 返金要請の嵐に
オススメ記事

イチオシ記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2021/12/18(土) 13:00:08.34 ID:jPBoiz5m9
ふるさと納税をめぐって都農町が国の基準を大幅に超える返礼品を送っていた問題で、町がルールにのっとった代わりの品を用意したところ、宮崎牛の量が3分の1に減りました。ふるさと納税のサイトなどには全額の返金を求める声が相次いで寄せられています。

これは17日午後、都農町がホームページで公表しました。それによりますと「返礼品は寄付額の3割以下」という国の基準内に収まる代替品を用意したところ、「宮崎牛の赤身肉切り落としが0.5キロ」になったということです。

当初の募集では「同じ肉を1.5キロ送る」としていましたので、問題の発覚を受けて対応を改めたところ、肉の量が3分の1に減ったことになります。町は1万5000件余りについて返礼品の発送を止めていましたが、17日、全員に連絡をとり、全額の返金を求めるか、それとも新しい返礼品を受け取るか意向を確認しています。

これを受けて、ふるさと納税サイトのコメント欄には、寄付者とみられる人から「500グラムに減らされてびっくり」とか、「返金を選択します」といった投稿が相次いでいます。都農町の専用窓口にも、用意した5つの回線がパンクすることもあるほどの問い合わせがきているということです。

この問題ではふるさと納税を所管する総務省が詳しい調査を進めているほか、
県も県内の全市町村に制度の厳正な運用を求める通知を出しています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20211217/5060011327.html

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1639800008/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク