【悲報】小学生女児にイタズラした漫画家、作画担当も巻き込み全てを失う…
オススメ記事

イチオシ記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2021/12/15(水) 09:07:30.73 ID:cM3erHQ+M
■『はらぺこペンギンカフェ』など2作品が連載終了。作画担当者も悔しさにじませる

連載を中止するのは『はらぺこペンギンカフェ』と『とむとじぇりーナナイロ』の2作品。いずれも「きゃらきゃらマキアート」というユニットが手がけている。

講談社の発表によると、このユニットの共同著作者で主に原作を担当していた人物が、2020年春から夏にかけて小学生女児に対する強制わいせつ事件などを起こし、逮捕・起訴。2021年11月25日に懲役3年(執行猶予5年)の有罪判決を受け、確定したという。講談社は「小学生・中学生等の皆様を対象読者とする同誌において連載中であった著者が、このような事態を起こしてしまったことにつきまして、断じて許されない卑劣かつ悪質な行為」として被害者らに深くお詫びするとともに、読者に謝罪している。

きゃらきゃらマキアートの公式Twitterは12月14日、「様々な事情があり、きゃらきゃらマキアートとしての活動を続けていくことができなくなりました」と活動終了を報告している。作画担当者の発言と見られており「『絵を描く』ということは私の全てでした」「私自身悔しく辛く断腸の思いではあります」と無念さをにじませている。

引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1639526850/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク