【郵便局】5年前の未配達郵便物が民家で発掘されてしまう・・・驚きの総数がこちら
オススメ記事

イチオシ記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2021/12/14(火) 13:57:13.50 ID:PCOYplZP9
 都城郵便局で扱っていた1200を超える郵便物などが、配達されずに民家の納屋で見つかりました。日本郵便では、従業員が配達せずに隠していた疑いがあるとして謝罪しました。

 これは13日、日本郵便九州支社が宮崎市内で会見し、明らかにしました。配達されずに見つかったのは、都城市中町にある都城郵便局で、5年前の平成28年4月22日から28日までに扱ったとみられる郵便物907通と、荷物337個です。

 先月29日に配達地域の三股町の住民から、「長年使っていない納屋を片づけていたら、他人あての郵便物を発見した」と連絡があり、毛布が掛けられた箱の中から見つかったということです。

 その後の調査で、当時、配達を担当していたアルバイト従業員が関与している疑いが出ましたが、従業員はその年の9月末に退職し現在は連絡がつかないということです。日本郵便では、郵便法違反の疑いがあるとして今月3日に警察に相談しましたが、郵便法ではすでに時効が成立しているということです。

 日本郵便では、14日からすべての差出人と受取人を訪問しておわびをするとともに荷物を届けるとしています。日本郵便九州支社経営管理本部の野崎章彦副本部長は「ご心配とご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます。再発防止策を講じ、コンプライアンス指導の徹底に努めていきたい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20211213/5060011290.html

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1639457833/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク