【悲報】『ホロライブ』新人VTuberが2週間で1900万円を荒稼ぎ!“スパチャ文化”に賛否
オススメ記事

イチオシ記事
スポンサーリンク
1: マニゲー速報 2021/12/18(土) 19:00:46.66 ID:WeBk7kXS0
VTuber界隈の中でも独特の“スパチャ文化”を形成しつつある、女性VTuberグループ『ホロライブ』。最近では「ホロライブ」6期生・沙花叉クロヱが、デビューしてからたった2週間で約1900万円という大金を集め、話題になっていた。

そもそもスパチャ(スーパーチャット)とは、「YouTube」でライブ配信などのリスナーが利用できる“投げ銭機能”のこと。スパチャを送ると配信のコメント欄で自分のコメントを強調表示できるがそれ以外には視聴者側のシステム的なメリットはない。そんなスパチャが昨今では生配信特化型VTuberの収入源となっているのだが、際立っているのが「ホロライブ」メンバーの収入額。

前述の沙花叉クロヱが約1900万円を稼ぎだした例もそうだが、他にも潤羽るしあがスパチャ累計金額で世界1位に達するなど、多くの「ホロライブ」メンバーが高額のスパチャを稼いできた。 そんな「ホロライブ」界隈では、“虹スパ”などの独特なスパチャ文化も見られる。

虹スパとは1人のリスナーが色違い(金額違い)のスパチャを7連続で送り、コメント欄で虹のように表示されるスパチャ芸のこと。一番高額な赤いスーパーチャット・通称赤スパが1万円以上となっており、虹スパの総額は単純計算で1万8800円以上ということになる。


「ホロライブ」のスパチャ文化に否定的な意見も
そんな「ホロライブ」界隈のスパチャ文化には賛否の声があがっており《ホロライブ完全にキャバクラ化してて怖い》《ホロライブはキャバクラ化してるなw 洗脳された信者たち…》《やはり理解できん》《ホロライブガチハマりしても未だにスパチャ文化は好きじゃない》などと批判する声も。

スパチャを中心に配信が最適化されていく風潮を、快く思わないVTuberファンも少なくない。たしかに収益を上げることはビジネスとして大事だが、メインとなるはずのゲーム実況が1時間なのに対しスパチャ読みタイムが1時間以上もあるような配信は、スパチャを送らないリスナーとしては面白くないのだろう。いずれにせよ、黎明期のような「新たな文化を生み出す」といった気概が業界から消えつつあるのはたしか。代わりに新たな“スパチャ文化”が生み出されてはいるが、これはVTuberのあり方として正しいのだろうか…。

引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1639821646/

スポンサーリンク
新着記事
ネットで話題の記事
公式SNSをフォローして最新情報をチェック!
Twitter Feedly

オススメ記事
スポンサーリンク